PROGRAM

プログラム一覧

参拝方法

お寺の中心は本堂です。 本堂という建物の中に、そのお寺のご本尊(仏さま)がおられ、私たちはそのご本尊に向かって、悩み事を打ち明けたり、お願い事をしたりします。

1.山門をくぐる時には一礼する
お寺の境内、つまり敷地内は聖域です。山門は、私たちが住む俗域と仏さまがおられる聖域を分かつ門です。山門をくぐる時にはまず一礼をしましょう。

2.手水場で手や口を清める
境内には「手水場(ちょうずば)」といって、手や口を清める場があります。杓に水があるので必ずそれを使用しましょう。
①右手に杓を持って左手を清める
②左手に杓を持って右手を清める
③右手に水をためて口を清める
④最後に、杓を清めて元に戻す

3.ローソクを灯し、線香を立てる
ローソクを灯し世界を照らし、線香を立ててその場を清らかにしましょう。ただし、ローソク立てや香炉がないお寺もあるので、その場合は本堂に進みでましょう。

4.お賽銭を入れる
賽銭箱にお賽銭を入れます。あなたの気持ちを入れればよいでしょう。

5.鰐口を鳴らす
本堂には鐘のようなものが吊るされていて、これを鰐口といいます。鰐口を叩いて音を鳴らし、気持ちを鎮めてから礼拝しましょう。

6.合掌礼拝
手を合わせて、静かにご本尊に祈りましょう。 ご本尊の真言や念仏が分かる方は口に出し、あるいは心の中で唱えましょう。 経本を開いて読経をしても構いません。

7.境内を散策する
境内を散策する場合は、必ず最初にご本尊にお参りしてからにしましょう。

8.お寺を出る時も本堂に向かって一礼する
山門をくぐってお寺を退く時も、必ず本堂に向かって一礼します。

〇柏手を打つのは神社
「パンパン」と手を叩いて柏手を打つのは神道で、神社の中での作法です。仏教寺院では柏手は打たないので気をつけましょう。
〇念珠を持参する
念珠は本来真言や念仏の数を数えるための法具ですが、礼拝する際に手に持つ法具としても使用されています。私たちの声は念珠を通して神仏まで届くとされていますので、お寺の参拝の際にはぜひとも持参しましょう。