PROGRAM

プログラム一覧

コケリウム体験

手のひらに宇宙を感じませんか?
手のひらに宇宙を感じませんか?コケリウムはその造形の美しさと愛情あふれるアレンジメントに誰もが引き込まれます。
自分でガラスの容器に苔を配置していくことで、苔自体の美しさや調和を身をもって体験していくことができます。
お子様から、カップルやシルバー世代まで、誰でも楽しむ事ができる講座です。


 

手コケリウム製作に必要なもの
用土:コケリウム用の土
水に溶け出さない赤玉土に似たもの
角のない石、小石

道具:コケリウム用 スプーン付きピンセット

ガラス蓋付き器


コケリウムの作り方
1. ガラスの器にコケリウム用土をいれる。
2.好きな形の石をいれる。
3.コケを小分けにしてピンセットで挟み石の隙間に置く。種類別に何回かに分けていれる。
4.コケのフチをスプーンで軽く押さえる。
5.残りのスペースに小石をスプーンで少しずついれる。
6.霧吹きで全体を湿らせて完成。

コケリウムの管理
直射日光は避けカーテン越しのやや明るい場所、照明のある明るい場所に置く。
通常は、蓋をしたまま管理する。中が乾いたらたまに霧吹きをして湿らせる。 苔が成長して伸びたら、ハサミでカットして整える。


 

講師略歴:大野好弘
プロフィール:1973年 神奈川県に生まれる。 東京バイオテクノロジー専門学校を卒業し、農芸化学専門士の資格を取得。 神奈川県南足柄市に研究拠点Ashisuをつくる。 みねはな会会員。 山野草の雪割草(Hepatica)の研究をし国内で2種類の新しいHepaticaアシガラスハマソウ・ ザオウスハマソウを発見し発表する。 また、コケの栽培などを研究しコケリウムでの簡単な栽培技術を確立する。 植物園・カルチャーセンターなどでコケリウムの講師として活躍中。 別分野では、陰日性サンゴの研究をし、水槽内でのハナタテサンゴの産卵増殖に成功する。

著書に、「ザ 陰日性サンゴ」(誠文堂新光社)、「雪割草の世界」(エムピージェー)、「苔の本」 (グラフィス)。
また「 園芸JAPAN」(エスプレスメディア)、「NHKテキスト趣味の園芸」(NHK)など多数の 雑誌に連載している。